休 暇

「私は現在休暇中で、その件は来月半ばまでにお返事します。敬具」

夏である。夏といえば休暇、とはいかないのが日本である。多くの日本企業では夏だろうが冬だろうが、長期の休暇を取ることは難しい。それが日本社会というもののようである。

この点、少なくともヨーロッパは状況が異なるようだ。私が留学していたドイツでも、人生で最も大切なものは「Urlaub」(休暇)だといわれていた。

ある統計によると、ドイツ人は年間約30日の有給休暇を取得し、75%の人がそのすべてを消化しているという。年間30日というと土日を含めて6週間休むことができる。夏と冬に3週間ずつバカンスに出るというのはヨーロッパではごく普通のことなのである。

特に夏の休暇は大がかりである。ヨーロッパでは、大学も、オペラも、コンサートも、サッカーも、1年の真ん中を境にシーズンが始まり、終わる。そうしたシーズンが「Saison 2011/12」などと表記され、年間パスもそれがひとまとまりになっているのはそのためだ。夏はいわば空白期間であって、この時期にヨーロッパを旅行しても、オペラやコンサートはシーズンオフ。各地で音楽祭が開かれてはいるが、有名なオーケストラを聴きに行っても、普段とは異なるメンバーが演奏しているのを見ることになるかも知れない。

そんなドイツ人に最も人気のある休暇の過ごし方は旅行である。ある統計によると、2010年に5日間以上の休暇旅行をしたドイツ人は全体の75.5%に上る。そんな休暇旅行の60%が外国旅行であり、特にスペインがドイツ人のお気に入りである。「マヨルカ島はドイツの17番目の州なんだ」というジョークがあるほどだ。

もちろん休暇に入ると不便なこともある。担当者が不在でも同じ業務が維持されるのを当然と考える日本と違って、個人主義のヨーロッパでは、ある人が担当していた業務が休暇明けまで動かなくても仕方ないと考える風潮があるように思われる。

また、休暇中の人には基本的に連絡が取れないと思った方がよい。それは最先端で忙しく活躍している人でも変わらないようだ。実際、冒頭のメッセージはベルリンの著名な弁護士兼教授であるK氏から最近送られてきたものに他ならない。日本側から日程を問い合わせただけなのだが、しばらくしてやっとかえってきた返事である。日本人の感覚だと、いくら休暇中でもメールくらい読めるはずだとか、日程くらいちょっと調べて回答して欲しいとか考えてしまいそうになるが、ドイツ人が休暇中にもかかわらずメールを送ってくれたというのは、我々に対する特別な配慮だったと今の私には思える。

その日本である。一人あたりの国内総生産(GDP)はドイツとほとんど変わらないにもかかわらず、ある統計によると、日本で給付されている有給休暇は平均16.6日にとどまる。しかも実際には平均9.3日しか消化されておらず、すべての休暇を消化した人は6%しかいないそうである。

"みんな我慢しているのだから自分も我慢して一緒にがんばる"という日本人の集団主義的メンタリティは、とりわけ災害のとき世界に誇るべき強さを発揮する。それは我々が最近あらためて目の当たりにした通りである。しかし、そうしたメンタリティは、自分だけ会社を休むのは忍びない、いくら制度があっても長期休暇を取るなんて到底無理、という形であらわれる。ひょっとしたら日本人は、仕事を休むこと自体何となく気が引けると感じてしまう民族なのかも知れない。


<<Prev 1 2 Next>>



立教大学法学部教授 上野達弘 (2011/7/29 update)