お申し込みは締め切りました


【日程】
2013年 6月4日(火曜日)
18時30分〜20時30分
【会場】
早稲田大学早稲田キャンパス 大隈小講堂
※ 研究会は参加無料です。お申し込み受付完了のメールを受け取りましたら、当日直接ご来場ください。
※ ご登録頂きましたメールアドレスは、当講座に関する連絡にのみ利用させて頂きます。



第35回RCLIP研究会

【講演者】

竹中俊子(ワシントン大学ロースクール教授)
 
【司会】 高林龍(早稲田大学法学学術院教授)
 
【テーマ】 標準必須特許の侵害に対する救済の考え方「Motorola v. Microsoft」
 
【要旨】
スマートフォーン等での採用される動画圧縮規格のひとつであるH.264に関する標準必須特許を持つモトローラがマイクロソフトを訴えた事件を中心に、アメリカ特許法における標準必須特許の差止請求の可否及び侵害に対する損害の計算方法等の論点について検討する。また、サムスンに対するEU委員会の暫定判断や東京地裁2月28日サムスン・アップル判決を参考に、比較法的検討も行う。